【在籍確認の審査はどうしても不安という方!大丈夫です!】


↓職場へ電話確認なしで借りれる

↑在籍確認の電話をなしカードローン

・プロミスなら周囲にバレずにカードローンで借り入れが可能です!

・職場の事情をプロミスの担当者に伝えることで、在籍確認の電話をなしにすることも可能なんです!

・多くのお客様が申し込みの際に不安を抱いているのが在籍確認の審査です。

・しかし電話以外の方法で在籍確認の審査を行ってもらえるのであれば、とても安心して申し込みができるので安心です。

在籍確認の目的は返済できるかを確かめること

・お仕事をしていれば、毎月の給与が支払われます。カードローンの申し込みで行われる審査は、その毎月の給与を受け取っている事が証明できれば問題ありません。カードローンを利用して借りた金額が一括であれ、分割であれ、完済することができるかどうかが重要になります。毎月の返済が無理なく最後まで支払うことができる状態でカードローンに申し込みを希望しているのかを調べるのが、審査の目的であり、最終的にお仕事をして給与を受け取っている事実の証明が在籍確認の審査となります。

在籍確認とは何を審査する事なのか?

・プロミスに限らずほとんどすべての消費者金融や銀行のカードローン、そしてクレジットカードでも融資、もしくは借り入れの審査では在籍確認の審査が必ず行われます。

申し込みの際に入力した個人の情報や勤務先の情報に間違いがないかを調べるためにいくつか行われる審査ですが、その中でも重要な審査が、勤務先にちゃんと在籍しているかを確かめるための審査が在籍確認になります。

プロミスが在籍確認を行う理由として大事なのは、現在働いていて、毎月の給与が勤務先から支払われているかどうかを確かめるもの。お金を貸すであるプロミス側として重要な「返済」が無理なく毎月支払うことが可能かどうかが、この審査です。

なぜプロミスは在籍確認を行う必要があるのか?

・無職なのに、申し込みをしてくる方もいます。仕事を辞めたばかりで給料がもう支払われない状態なのに、カードローンのお申し込みをしてくる方もいます。

・毎月の収入が無い状態で、毎月の返済を滞りなく支払うことは難しいです。どこかで破綻します。返済のためにまた他から借り入れを行う可能性もあります。そうなると多重債務で自己破産の道しかありません。

・プロミスへの返済が滞るような事にならないためにも、今現在勤務先に在籍していることが証明できる方としか契約は行わないようになっています。

プロミスの在籍確認の方法は電話が主流

・勤務先に在籍しているかどうかを調べるための方法としてはほとんどの場合、職場に直接電話をして確かめる事です。

・勤務先が表記されている身分証明書の提出も在籍を確かめる方法としてはありますが、より確実で手っ取り早く行えるのが電話による在籍確認になります。

・職場への電話はほとんどが同僚の方が対応するものですから、お申し込みをされた本人を呼び出してもらうことで、その会社に在籍している事が確認できるわけです。

・職場への電話確認で、プロミスを多乗ることは決してないのですが、この段階で周囲にバレてしまうと心配されている方もいらっしゃるようですが、プロミスも個人の情報を守る守秘義務があるので、第三者に決して知られないように十分な配慮をして電話をかけてくるので心配はいりません。

・電話はプロミスの担当者の個人名でかけてきます。「お世話になっております。○○と申しますが、●●さんはいらっしゃいますでしょうか?」電話の第一声はこういった普通の喋り出しになりますので、電話対応した同僚の方も、何も疑うことなく電話を繋ぐのではないでしょうか。

在籍確認の電話が困る職場の事情

・在籍確認の審査を不安と考える方は、職場への電話にあります。もちろん、間違いなく働いている会社ですから、そちらに電話確認をされても問題ないのですが、電話がかかってくるタイミングがわからないので、誰が電話対応するのかがわからないという心配が残ります。

・さらには昨今の企業では個人情報保護の観点から、会社への電話で在籍を確認することを拒むような状況になっています。プロミス側からの電話が「○○さんはいらっしゃいますでしょうか?」と電話があれば、「お答えできません」というような返答もあります。企業となると、社員全員の名前を把握しているのは人事だけになりますが、とりわけ人事に回された電話はこのような「お答えできません」という対応になります。

個人情報保護の理由から在籍確認できない

・最近の企業では社員の個人情報を保護する立場から、在籍確認の電話を受け付けないところも増えてきました。誰もが携帯電話を持って仕事をしています。個人に対してかけてくる電話が会社の代表電話にかかってくるのはおかしな話です。それは明らかに企業内の個人情報を探る電話だと思われても仕方ありません。

・企業では、全社員を把握しているのは人事だけです。個人にかかってきた電話は、全体を把握していない社員が電話対応してもどうにもなりませんから、人事に回すことになります。そうなると、人事では「お答えできません」という対応になってしまいます。そうなると在籍確認の審査は通るものも通らなくなります。在籍していることは確実なのに、保護の観点から電話審査は通用しなくなってきています。こうなるとやはり電話以外の方法で在籍確認の審査を行う必要が出てきます。

派遣の場合は在籍確認の電話はどうなるのか

・派遣社員の方の場合は、契約して籍を置いて、給与をもらっているのが派遣元である派遣会社となります。ですので、勤務先は派遣会社となります。派遣社員の場合は実際に働いているのは派遣先の企業であり、電話対応もご自身でできる可能性もありますが、やはり在籍しているのは派遣会社であるので、きちんと勤務先には派遣会社の情報を入力しましょう。

・中には派遣先である企業の方が、審査には有利ではないかとの考え、もしくは電話対応がご自身でできるという考えから、勤務先を派遣先の企業にすり替えて審査に臨む方も希にいらっしゃいますが、これは後々問題になりますので、正直に派遣会社情報で在籍確認の審査を受けましょう。

・非正規雇用の割合が多い派遣社員ですが、派遣会社でも正社員として正規雇用に変更してくれるところもあります。正規雇用となると確かに厚生年金やその保険証などでも、審査に有利となる要素は確かにあります。正規雇用の正社員となれば、SMBCモビットのようにWEB完結といって審査が最短で行われることもあります。

・非正規雇用の多い派遣社員の場合は、在籍確認の電話をなしにすることはそんなにスムーズにはいかないかもしれません。正規雇用に比べると審査の基準が少し厳しくなります。正規雇用の場合は最初から用意できる証明書にすでに勤務先が証明できるものがあるからです。しかし、派遣会社の電話対応が審査に不利だと判断して、それを担当者に伝えることができれば、電話以外の方法で在籍確認を行ってもらうことも可能です。どのような事情かを丁寧に伝えることが大事です。審査に必要な身分証明書以外に、収入証明書などあらかじめ用意しておくのが良いでしょう。

アルバイトでは在籍確認を電話なしにすることは可能?

・大手消費者金融ではアルバイトやパートでも毎月の収入が安定してあれば、カードローンでお金を借りることは可能です。アルバイトやパートは完全に非正規雇用であり、国民健康保険証になるので、どうしても正社員等と比べると審査は厳しくなってきます。

・アルバイトでも、年収が低いからといってカードローンの申し込みができないということにはなりません。年収の金額によって影響するのは、借入金額になります。総量規制により、年収の3分の1までが借り入れ可能な金額となっているので、年収が低くても確保できる金額があるということです。

・それでもアルバイトやパートでも「勤続年数」が長い方は審査において有利となります。勤続年数が長いということはそれだけ転職がなく、簡単に仕事を辞めたりしないと判断されるからです。毎月の安定した収入が何年も続いているということで、返済が滞ることがないと判断されますので、在籍確認の審査で電話なしを希望しても、受け入れてもらえる可能性は高くなります。

プロミスの嬉しいサービスを紹介

プロミスにはすぐにでも利用できる様々なサービスがあります!
プロミスのサービスを上手に利用することで、お金を借りるという行為を安心して行うことが出来ます。

30日間無利息サービス

・はじめてプロミスをご利用になる方なら誰でも利用できるとてもお得なサービスです。

はじめてプロミスで契約された方なら、契約後はじめてお借り入れを行った次の日から30日間は金利がゼロ円というサービスになります。

これが一括返済を前提とした借り入れであれば、お借り入れから返済まで無利息となりますので、借りた金額だけを返済すれば良いのでとてもお得になります。低金利どころではなく無金利となります。

プロミスもそうですが、消費者金融は銀行等に比べ、金利が高いと言われていますが、この30日間無利息のサービスを受ける事で、分割返済の初回分が無金利となると平均すれば低金利となるサービスなのでお得なプロミスカードローンと言えるでしょう。

30日間無利息のサービスはいくつもの大手消費者金融が行っているサービスですが、特にプロミスが他の消費者金融よりもお得なのが、契約した研ぎの日からの30日ではなく、契約後の最初にお借り入れを行った日の次の日からということなんです。ということは契約してもすぐにお金を借りる必要がないという方にはとてもお得ではないでしょうか。ご自身のペースでお借り入れをお得に行えるというメリットは大きいのではないでしょうか。

コンビニなどのATMで楽々お借り入れや返済ができる

・借り入れや返済の方法はいくつもあるといざという時に助かります。
借り入れも返済も、計画的な時もあれば、急なタイミングもあると思います。支払いが今日までなのに、お金の用意が出来ていない時には急な借り入れにとても助けられます。そんな時には、コンビニのATMがとても助かります。全国どの街にもあるコンビニで必ず設置してあるATMからお金を引き出すことが出来るのですからとても便利です。

返済もコンビニのATMから行うことが出来ます。うっかり返済日を忘れてしまい、今日までだったと言うことを外出先で知ってしまったら、いつもなら家のパソコンからネットで返済する流れができないということになります。しかし外出先の街にもコンビニはあるでしょうから、自分の銀行口座から引き出した後、同じATMで返済を済ませることが出来ます。

もちろん、コンビニだけでなく、インターネットでの取引きはできますし、銀行のATMやプロミスの店舗でも当然、借り入れも返済も出来ます。ちなみに、プロミスと提携している三井住友銀行なら、コンビニATMの利用手数料は無料なのでお得です。

カードローン利用で注意すべき点

カードローンを利用する上で気をつけなければならない注意点を紹介!
プロミスや他の消費者金融に限らず銀行カードローンやクレジットカードでも言えることですが、お金を借りる側と貸す側という事を忘れてはいけません。特に消費者金融の場合、無担保で無保証人でお金を借りることが出来るわけですから信用情報がすべてになります。

返済が遅れてはいけない理由・返済が遅れてしまうとどんなデメリットがあるのか紹介します。
返済は決して遅れてはいけないのでこちらもとても大事です。返済の遅れがどれだけ重要かをわかっていない方も少なからずいらっしゃいます。返済の遅れが何度もあると、信用情報機関の履歴に残るようになります。それはどういうことかと言いますと、新規で他から融資をお願いしようと思っても、数回も返済が遅れていた過去の履歴の証拠が原因で、審査に通らないと言うことは大いにあります。

審査においてほとんどの金融業者が照会利用する『信用情報機関』にマイナス要因が残ってしまうのはとても残念なことです。銀行も個人の履歴をチェックしている情報機関ですので、大型の住宅ローンや自動車ローンなどでの審査に影響は間違いないでしょう。
信用情報機関についてはこちらで詳しく紹介します

申込みを同時に何社も行うとペナルティ・申込みを同時に何社も行うこととても危険です。